山の上の工房で化学調味料や保存料を使わないハムづくりをしています

 
ゴーバルの原料豚について

今までゴーバルの原料豚を育てていた石原弦の農場では、抗生剤や遺伝子組み換え飼料をなるべく使わない事、飼育施設の改善など様々にこだわってきましたが、今回7月27日に発生した豚コレラによって、その豚たちを仕入れることが出来なくなりました。私達は農場の再開までの間、同じようなこだわりを持った豚を仕入れてハムやソーセージの加工、あるいは豚肉の販売を継続することに致しました。どの地域のどんな豚を使えるか様々な方達の有り難いご協力で検討させて頂いています。現在、国産豚と表記して販売している商品は神奈川、愛知、山梨で育てられた豚で、いずれも肥育期には遺伝子組み換え飼料を使用しておりません。 これからも美味しくて安心できる豚肉をお届けしていきたいと思っています。どうぞよろしくおねがいします。                  
2019年9月30日         
山のハム工房ゴーバル


ブログで今の養豚場の様子を見ることができます。ぜひご覧下さい。
串原養豚ブログ→豚飼う月日