山の上の工房で化学調味料や保存料を使わないハムづくりをしています

ゴーバルのこと

ゴーバルのこと

~Living is sharing~

ゴーバルが始まったのは1980年。アジアの草の根の人々と共に学び集う場所を作りたいと、石原と桝本と仲間数人で岐阜の山間に入り「アジア生活農場ゴーバル」という名前でスタートしました。”Living is sharing”(生きることは分かち合うこと)という理念のもと、牛や羊を飼い毛刈り体験をしたり、子ども達を集めて林間学校をしたりしていました。
そんな中、生活の柱となるようにと食肉加工をはじめ、少しずつ形をかえながら「山のハム工房ゴーバル」という従業員30人ほどのハム工房へと変化して来ました。
形は変わっても、創業当時の”Living is sharing”という理念はそのままに、田舎に暮らしながらハム作りを通して「分かち合い、共に生きるためのもの作り」を模索し続けています。


ゴーバルの大切にしていること
作り方
・作り方
ゴーバルの製品は化学調味料、保存料、発色剤などは一切使用せず、時間をかけてじっくり熟成させて自然の旨みを引き出します



原料
・原料
原料には、非遺伝子組換飼料(Non GMO)で育てた豚、鶏を使用しています。肥育期の豚には抗生物質を使用していません



スモーク
・スモーク
ゴーバルでは昔ながらのだるまストーブで乾燥、加熱、燻煙を行います。燻煙には桜の生木を使っています。薪割りも大切な仕事の一つです。


農作物
・農作物
ソーセージに入るトマトは地元の農家さんからでる規格外のものを使っています。野菜バスケットに入る野菜は主にゴーバルの畑や地元で採れた無農薬の有機栽培野菜、玄米ソーセージにはゴーバルで育てた無農薬玄米を使用しています。